AIMEEとは

HISTORY

フランス語で「愛される」という意味の「アイメ」は、1961年に誕生。
1983年に会社を設立し、世界中の多くの花嫁のために
素晴らしいウエディングドレスを制作して参りました。
現在ではイタリアにおけるウエディングドレス制作のリーダー的存在となりました。

DESIGNER

ルチアザノッティはアトリエアイメのクリエイティヴ・ディレクターとして高い評価を得、各ファッションデザイナーの目にも留まりジャンニ・ヴェルサーチ、ランチェッティ、グッチなどのメゾンブランドとのコラボレーションやスカラ座の依頼によるバレエ舞台衣装の製作など多岐にわたり活躍しています。ヨーロッパやニューヨークを中心とし、著名人や政治家も顧客に持ち、ケネディー家とは深い親交があります。
2009年度には、モード部門オートクチュール界に証明したクリエーション、世界のメイド・イン・イタリーへの功績を称えられ、「国際的に活躍する女性に贈る賞(20回)」を受賞しました。

MADE IN ITALY

生産はすべてイタリア国内、150名以上のスタッフが携わり、仕上げは今日でも職人的な、手作業で行われています。まさに夢のドレスというものには妥協を許さず、裁断やデザイン研究のために革新的な機械や最新の技術を導入し、未来の花嫁のために毎年300点以上のデザインが紹介されます。